社会福祉士
介護福祉士
社会福祉士おすすめ求人サイト・転職エージェント【未経験OK】
介護士におすすめの転職・求人サイト:口コミ評判比較!

【介護福祉士・社会福祉士】国家試験当日の会場の様子【体験談】

介護福祉士 社会福祉士

t f B! P L

どうも!ふくシーン!です!(@ADHD_SW

・介護福祉士や社会福祉士の国家試験当日の会場のリアルな様子が知りたい。

今回はこういった疑問に答えていきます。

・この記事を読んで分かること

・国家試験当日のリアルな様子を写真付き体験談で解説します。

・トイレ待ち、途中退室、昼食、持ち物など試験当日のコツやポイントをわかりやすく解説します。

・この記事の信頼性

この記事を書いている私は現役の介護福祉士/社会福祉士です。



もちろんわたしも両方の試験を受験しました。

この記事では、コロナで大変だった2021年度の国家試験の様子を紹介します。

実際に当日試験を受験してきた知人の体験談をまじえながら写真付きでわかりやすく解説していきます。

社会福祉士の試験会場の様子をレポートしていますが、介護福祉士の試験も会場の様子や流れ、注意点はまったく同じです。

なので介護福祉士を受験される方もぜひ参考になさってください。


かなり役に立つ情報満載だと思います。

ちなみに、過去に京都会場で介護福祉士と社会福祉士を受験した記事もありますので、よろしければそちらもごらん下さい。

【介護福祉士・社会福祉士】国家試験当日の会場の様子

2021年、第33回の社会福祉士国家試験を受験してきました。


2021年はコロナが流行してからはじめて開催される国家試験だったので不安だらけでした。

今回私が受験した会場は、大阪にあるインテックス大阪という試験会場でした。

この記事では大阪会場の様子を中心に書いていきますが、全国どこの会場でも共通する注意事項や試験のポイントを書いていくので、大阪会場以外で受験予定の方も是非ご覧になって下さい。

さて、こちらが試験会場のインテックス大阪です。


写真ではあまり人がいないようにみえますが、試験開始時間が近づくと入り口はかなり混雑していました。

理由は、コロナの影響で間隔をあけて並び、入り口で手指の消毒と検温をする必要があったからです。


さらに、インテックス大阪の会場はとにかく広く自分の席をみつけるまでに結構時間がかかりました。

試験会場の部屋は、もはや広すぎて一番奥が見えません。


しかもこの広さの部屋がいくつもあります。

普通に自分の部屋、自分の座席をみつけるまで結構時間がかかります。

これは、大阪会場だけのことではなく全国どの会場でも同じ状態だと思います。

試験会場に到着するのがギリギリだと、それだけでかなり焦ってしまうと思います。

その状態で自分の座席がみつからないと、さらに焦ってしまうと思うので、会場には本当に余裕をもって到着しておきましょう。

国家試験当日の会場のトイレはかなり混む

国家試験当日といえば皆さん気になるのがトイレの混雑状況についてだと思います。

例年、国家試験の会場のトイレは激混みしているようです。

結論として、今年も国家試験会場のトイレは混雑していました。(泣)

大阪会場はとにかく広く、ものすごい数の受験者がいました。

トイレ自体の数はかなりありましたし、国家試験のためになんと仮設のトイレも増設されていました。


ですがそれでもトイレは混雑していました。(泣)

会場にもともとあるトイレも、仮設のトイレもかなりの行列でした。


並べば普通にトイレには行けますが、どうしても時間がかかってしまうので、トイレは早め早めに行ったほうがいいと思います。

無理のない範囲で、水分を控えめにしておくのもいいかもしれません。

ただ、トイレに関しては試験監督の許可をもらえば試験中にも行けるので、あまり不安にならなくても大丈夫だと思います。

安心して試験を受けましょう。

国家試験当日の会場の室温に要注意!着脱しやすい服装がおすすめ

トイレ激混み問題と並んで毎年話題になるのが、試験会場寒すぎ問題です。

試験当日はコロナ対策で窓や扉を開けて換気する時間帯があります。


寒くなっても大丈夫なように対策をしていきましょう。

ただし注意してほしいのが、逆に試験会場が暑いということもありえます。

過去に京都会場で国家試験を受験したときは国家試験会場が暑すぎて真冬なのに半袖で試験を受験していました。

その時の様子は、こちらの『【社会福祉士】国家試験会場の当日の様子と注意点まとめ!』という記事のなかで書いていますのであわせてごらん下さい。

とにかく、寒くても暑くても大丈夫なように脱いだり着たりしやすい服を用意しておくのがおすすめです。

途中退室者の音がうるさいので注意

国家試験は、午前も午後も、早く問題を解き終わった人は、途中退室をすることができます。

午前の試験もですが、特に午後の試験は、途中退室をする人が多くいます。

退出者が、カバンに荷物をまとめる音や、退出者が教室の外で友達と話す声がいたるところから聞こえてきます。

私は、途中退室者の音や声がうるさいなんて想像もしていなかったので、その音に結構うろたえて集中力が切れそうになりました。

ただ、これも事前に途中退室者の音や声がうるさいと知っていれば焦ることもないので落ち着いて最後まで試験を受けましょう。

昼食は事前に用意しておくのがポイント

昼食は絶対事前に用意しておいたほうがいいです。

大阪会場のインテックス大阪は、陸の孤島のような場所にあります。

国家試験会場周辺には食事ができるところは皆無でした。

コンビニも1つ2つあるぐらいでした。

国家試験当日は周辺のコンビニなども激混みすると思います。

これは大阪会場だけでなく、全国の国家試験会場に関しても言えることだと思います。

なので絶対、昼食は事前に用意しておくのがおすすめです。

事前に昼食を用意しておくと、余計なことで焦らなくてすみます。

あと、午前の試験ができなくて絶望してしまっても、昼食に自分の好きな食べ物や飲み物を食べたり飲んだりすればかなり気持ちが落ち着くと思います。

自分の大好きなものを食べて午後の試験開始まで、しっかりリラックスするのがおすすめです。

昼休みに午前の試験の答え合わせをしない

午前の試験が終わると、どうしても昼休みに午前の試験問題の答え合わせをしたくなってしまいます。

ですが、なるべく昼休みに午前の試験問題の答え合わせをするのはやめましょう。

午前の問題を昼休みに自己採点しても、午前の点数がアップすることは絶対にありません。

それどころか、答え合わせってどうしても自分が間違っている部分ばかりに目がいってしまってどんどん不安になっていきます。

それがかなり午後の試験に影響してしまうんです・・・。

えらそうに言ってますが、実は私も午前の問題が気になりすぎて、昼休みに答え合わせをしてしまい午後の試験は動揺してケアレスミスを連発してしまいました。(汗)

なので、皆さんは午前の試験が思うようにできなくても焦らず、昼休みは午後の試験にむけて勉強するなど気持ちを切り替えるようにするといいかもしれません。

必ず答えを問題用紙にメモしておく

試験中に解答用紙(マークシート)だけでなく、問題用紙にも自分の答えを書いておきましょう。


そして、このときにマークシートのズレが無いかもダブルチェックしておきましょう。

問題用紙は持って帰れます。

合格発表までには、一ヶ月ぐらいかかります。

合格発表までの期間は本当にソワソワします。

ただ、試験の翌日ぐらいから、いろんな予備校が解答速報をだしてくれます。

なので問題用紙に自分の答えをメモしておくと自己採点をすることができます。

自己採点ができると、ある程度気持ちも落ち着きますので、絶対に問題用紙に自分の答えを控えておくようにしましょう。

解答速報を出してくれるサイトは『【社会福祉士】国家試験の解答速報が見れるサイトまとめ』という別記事でしっかりとまとめておきました。

試験終了後はアクセスが殺到するので、今この記事をお気に入り登録しておくと試験終了後あわてずにすみます。

【介護福祉士・社会福祉士】国家試験当日の持ち物

受験票

当然ですが、受験票は絶対忘れないようにしましょう。

当日は、試験会場の入り口に受験番号ごとに教室の割り振りが書かれた大きな案内板があります。


基本的には、その案内板と自分の受験票を照らし合わせて自分の教室と座席を探すことになります。

なので受験票はスッと取り出しやすいところに入れておきましょう。

鉛筆

シャーペンではなく鉛筆を持っていくのがおすすめです。

試験の解答用紙はマークシートです。

シャーペンでちまちま塗りつぶすより、鉛筆で一気に塗ってしまったほうが試験時間の節約になります。

ただし、鉛筆はピンピンにとがらせていると逆にマークシートが塗りつぶしにくいです。

なので、ある程度先が丸くなったマークシート専用の鉛筆を用意しておくといいと思います。

鉛筆削りもセットであるとさらに安心できると思います。


腕時計

受験票によると理由は謎ですが、持ち込めるのは腕時計と懐中時計のみOKだそうです。


置き時計はNGのようなので受験票をよく確認しておきましょう。

アラーム機能が鳴ってしまい不正行為とみなされるのも怖いので、なるべくシンプルな腕時計を持っていくのがいいと思います。


貼らないカイロ

コロナの換気の関係もあり会場が寒い可能性が高いです。

貼るカイロだともし暑かったときに、はがすのがめんどくさいので貼らないカイロがあると便利だと思います。



いかがでしたでしょうか?

1年に1回しかない国家試験なのでかなり緊張すると思いますが、国家試験当日は今まで勉強してきた成果をしっかりと発揮できるよう万全の状態で挑みましょう。

今回のこの記事が少しでもあなたのお役に立てていれば幸いです。

カテゴリ

プロフィール

ふくシーン!
社会福祉士/介護福祉士
福祉のシーンに関するさまざまなことを分かりやすく紹介していきます。

※詳しいプロフィールはこちら
※お問い合わせはこちら

ブログ アーカイブ

キーワードで記事を検索

QooQ