社会福祉士
介護福祉士
社会福祉士おすすめ求人サイト・転職エージェント【未経験OK】
介護士におすすめの転職・求人サイト:口コミ評判比較!

働きながら通信で社会福祉士に合格した話

社会福祉士

t f B! P L

どうも!ふくシーン!です!(@ADHD_SW

社会福祉士に興味はあるけど、仕事、家事、育児が大変で私には無理・・・

そんな悩みを抱えている人に伝えたいことがあります。

通信なら仕事や家事や育児をしながらでも社会福祉士を目指せます!

・この記事を読んで分かること

・私が働きながら通信で社会福祉士になった話

・通信で社会福祉士を目指すメリット


・通信の養成校を選ぶ際のポイント

・この記事の信頼性

この記事を書いている私は、現役の社会福祉士です。


実際、私も働きながら通信で社会福祉士になりました!

この記事では、私の実体験を交えつつ、働きながら通信で社会福祉士になる方法についてわかりやすく解説していこうと思います。

あわせて読みたい

そもそも社会福祉士を目指すべき?


結論的には目指すべきです!

時代が“今”あなたを求めています!

社会福祉士の国家試験の合格率は例年20〜30%前後と決して簡単な試験ではありません。

ですが、通信なら仕事、家事、育児と勉強を両立して、社会福祉士になることも可能です!

実際、私も仕事をしながら社会福祉士になることができました。

今、相談援助のプロである社会福祉士が様々な分野で必要とされています。

高齢、子ども、家庭、障がい、医療、教育、行政、更生保護など様々な分野において社会福祉士のニーズが高まっています。

そして今後も社会福祉士の活躍の場はますます増えていきます。

しかし現在、急速なニーズの高まりもあり社会福祉士は不足しています。

支援を必要としている人に、支援が行き届いていないのです。

まさに“今”、あなたが必要とされています。

今、あなたに福祉の知識・経験がなくても大丈夫。

社会福祉士の活躍の場は様々な分野にわたります。

あなたのこれまでの仕事の経験や、これまでの人生経験を十分に活かすことができます。

通信で社会福祉士になった私の体験談

社会福祉士になるためには様々なルートがあります。


最終学歴や実務経験によってルートは違います。

もし社会福祉士を目指そうと思っているなら、必ず自分の受験ルートを確認するようにしましょう。

私の場合は、一般大学卒業、実務経験なしという状態でした。

なので私は、下の画像で赤丸した第三号のルートで社会福祉士を目指すことになりました。


私は福祉系の大学を卒業していないため、社会福祉士になるためには一般養成施設に通う必要がありました。

一般養成施設とは、ルート図のこの部分にあたります。


一般養成施設には、通学、夜間、通信といろいろな種類があります。

どの養成校であっても期間は最低1年以上学ぶ必要があります。

学校を選ぶにあたって、私は通信の養成校を選びました。

なぜなら私は仕事をしていたので、通学の養成施設は無理だったからです。

通信の養成校なら自分のペースで勉強ができると思いました。

社会福祉士に合格した今振り返っても通信の養成校を選んだおかげで無理なく社会福祉士に合格することができたと思います。


あわせて読みたい


通信の社会福祉士養成校でもスクーリング(通学)がある! 


通信なので基本的には自宅でひとりで勉強します。

ただ、通信の養成校でも何回かスクーリングといって実際に養成校に通う授業があります。

スクーリング会場では、同時期に社会福祉士の講座をうけている人と意見交換したり、先生と実際にコミュニケーションをとることができます。

普段は通信なので一人で勉強していますが、スクーリングでは同じ時期に入学した仲間にたくさん会うことができ非常に刺激をもらえます。

私がスクーリングに行った際は、福祉経験者の方もいましたし、普通の主婦の方や、定年退職された方など本当にいろいろな方がいました。

スクーリング会場で実際にこうした仲間と顔を合わせ、悩みを語り合うことで、通信の養成校でも孤独を感じることはありませんでした。

スクーリングの内容は、養成校によってかなり個性や特色がわかれる部分だと思います。

ですので入学前にしっかりと、各養成校のスクーリング授業の特徴を比較しておくのが、おすすめです。

>>社会福祉士講座の資料請求(無料)

実務経験がない人は通信でも実習が必須!

相談援助の実務経験がない場合は、通信でも実習が必要になります。

私は介護の仕事をしていましたが、相談援助の実務経験はありませんでした。

相談援助の実務経験がない場合には、実習に行く必要があります。

実習は法律で約4週間と定められています。

実習をする際に超重要なポイントがこの2つです。

実習を分割できるかどうか

実習先を自分で選べるかどうか

この2つが非常に重要なポイントになってきます。

実習を分割できるかどうか

まず普通であれば、連続で仕事を4週間休むのはかなりキビシイと思います。

私も約4週間まるまる仕事を休むのは、無理なので、実習を1週間単位で分割して行える養成校を探しました。

実習が必要な方で、働かれている方は実習を分割してくれる養成校を選ぶといいと思います。

実習先を自分で選べるかどうか

実習は各養成校が提携している、実習施設で実施されます。

あまり有名でない養成校を選んでしまうと提携している実習施設が少なくて、希望の施設で実習することができなくなってしまいます。

特に、自宅から遠い実習先になってしまうとかなり苦労するでしょう。

なぜなら、実習中は毎日、実習日誌を書かなくてはならないからです。

この実習日誌が大変で、日誌を書き終わるのに相当時間がかかります。

実習先が遠いと、それだけで実習日誌を書く時間がへります。

なので、なるべく提携している実習先の多い養成校を選ぶようにするのが良いと思います。

実習の日程や、実習先の施設は養成校の先生と相談して決めます。

ですので!通信でも、実習中のサポートがしっかりしている養成校を選ぶことがかなり重要になります。

そして実習後、国家試験に合格すれば社会福祉士になることができます。

通信の社会福祉士養成施設を選ぶときのポイント

通信の養成校を選ぶ時に私は次の2つのポイントを意識していました。

合格率が高い養成校であること

通信でも先生や仲間と交流できる養成校であること

合格率が高い養成校であること

社会福祉士の一般養成校と言ってもピンキリです。

実は、養成校によって合格率にかなり差があります。

ですが、ありがたいことに、養成校ごとの合格率は厚生労働省が、毎年ホームページで公開してくれています。 

(参考資料)第32回社会福祉士国家試験学校別合格率(PDF:253KB)

この資料は養成校選びの強い味方になると思います。

合格率の高い養成校は、ノウハウや情報も豊富です。

通信でも先生や仲間と交流できる養成校であること

通信であっても気軽に質問や相談できる養成校を選びましょう。

国家試験は、養成校を卒業した後に行われます。

受講中はもちろん、養成校を卒業した後も、試験日まで電話やメールで相談に応じてくれるかどうかもポイントです。

一度、余裕があれば実際に養成校にいって職員や先生の話を聞いてみましょう。

電話して話を聞いてみるだけでも大丈夫です。

職員の受け答えで、その養成校の雰囲気はなんとなくわかるはずです。

モチベーションを高めてくれる養成校を選ぶことが、あなたを合格へとグッと近づけることになります。

>>社会福祉士講座の資料請求(無料)

まとめ

通信でなら、仕事や家事や育児をしながらでも社会福祉士を目指せます。

実際に私は働きながら通信で社会福祉士になることができました。

社会福祉士の通信の養成校には幅広い年代の方が受講されています。

福祉系の仕事の方や、公務員、会社員、主婦と仕事も皆さんバラバラです。

今、あなたに福祉の知識・経験がなくても全然大丈夫です。

もしも、少しでも社会福祉士に興味をもっているなら、あきらめないでください。

今回の記事が参考になっていれば幸いです。

あわせて読みたい

カテゴリ

プロフィール

ふくシーン!
社会福祉士/介護福祉士
福祉のシーンに関するさまざまなことを分かりやすく紹介していきます。

※詳しいプロフィールはこちら
※お問い合わせはこちら

ブログ アーカイブ

キーワードで記事を検索

QooQ